しばらくぶりのブログ

5月6月7月と何度か山のある出来事が予定されていて、精神力と体力がいるわあと思いました。それで精神力はもともとヘタレなのでどうしようもないけど、体力は持続したい、そのためには睡眠大事と思って、早くやすむことにしましたところ、ブログが後回しになってしまった次第です。

この1か月読んだ本をメモしておきます。

家読み用と電車読み用

ミヒャエルエンデの「モモ」 
今までみたことのない美しい色、花、音を想像することは難しくて、読むのに時間がかかりました。だれもが自分だけの世界があるっていうことなんでしょう。今の世界はモモが取り返してくれた世界なのかな。

表紙絵もステキ

村山早紀の「百貨の魔法」
癒しの本だと思います。頭が疲れたときに読む本。

暮らせないことも

荻原博子「年金だけでも暮らせます」
キャッチーなタイトルです。内容は、年金だけで生活ができるように工夫しなさい。介護や医療のために夫婦で1500万円貯めなさいということ。ひとそれぞれオカネの使い方が違うし、生活環境も違うので一概には言えないでしょうけど、なるほどねって思いました。メディアや専門家に振り回されず、自分で考えなさいということも、そりゃそうだ。

しばらくぶりのブログ” に対して1件のコメントがあります。

  1. マユミ・クメ より:

    こんにちは。久しぶりにおじゃましました!モモ・・懐かしいです!好きな一冊です。
    5月9日無事孫が生まれました。女の子でした。畑は相変わらず草だらけですが・・・。
    また、遊びに来てくださいませ! ではまた、お元気で~!

    1. miyake より:

      クメさん お久しぶりです。
      モモは行きつ戻りつ読んで、時間かかりました。とてもいい本でした。令和生まれのお孫さんおめでとうございます。またおじゃましたいです。よろしくお願いします。

この投稿はコメントできません。